書で日中にエール あすまで前橋で書道展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 中国の書家、王蘧常の生誕120周年を記念した日中書道展「蘧草傳薪(きょそうでんしん)」(翰墨(かんぼく)書道会など主催)が21日、前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で始まった。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開幕式を中止し、代わりに応援の言葉を寄せる揮毫(きごう)会を実施。出品書家らが協力し「日中必勝新冠(日中が新型コロナに必ず勝つ)」「世界早得安康(一日も早く世界が安泰で健康になるように)」と書き上げた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事