「刑務所医療 問題で病死」 警官殺害の元高経大生 遺族が国提訴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 1971年に東京・渋谷の沖縄返還協定反対闘争で警察官を殺害したとして殺人などの罪で無期懲役が確定し、服役中の昨年5月に病死した元高崎経済大生、星野文昭元受刑者=当時(73)=の遺族が21日、刑務所の治療に問題があったとして、国に5500万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 妻の暁子さん(65)は都内で会見し「死の責任を追及し、二度と繰り返さぬよう刑務所の医療改善のために闘いたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事