宮川さん、砂川さんに大賞 前橋でぐんまエコ宣言2019大賞本大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本大会でプレゼンテーションし、表彰を受けた入賞者ら

 小中学生が環境問題をテーマにプレゼンテーションする「ぐんまエコ宣言!2019」(上毛新聞社主催、エコ計画特別協賛)の本大会が23日、前橋市の県公社総合ビルで開かれた。小学生9組と中学生7人が臨み、大賞の知事賞に渋川北小6年の宮川杏菜さん、館林二中1年の砂川真琴さんがそれぞれ輝いた。

 宮川さんは海洋プラスチック汚染の問題に関心を寄せ、桃ノ木川にプラごみが漂流している写真を示しながら、自分の出したごみに責任を持つ大切さを強調。砂川さんは食品のカビ防止を目的に、わさびやマスタードなどを食パンに塗って長持ちさせる実験を試み、食品ロスを減らすアイデアを提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事