感染拡大で県内でもイベント中止広がる ザスパは2~4節中止に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、渋川伊香保温泉観光協会は25日、群馬県渋川市の伊香保温泉石段街で29日と1日に開催予定だった「第30回石段ひなまつり」の中止を決めた。ひな人形にふんした地元の年長児らが石段街に並ぶ人気のイベントで、30年間で中止は初めて。ほかにも各地でイベント中止や開催方法見直しの動きが広がっている。

 25日に同市役所で開いた記者会見で、伊藤信明常務理事は「苦渋の判断。保護者からの問い合わせもあり、子どもたちの安全を考慮した」と述べた。市が設けたイベント中止の基準などを参考に、同日午前の緊急理事会で決定。出演予定者には電話で連絡するとともに、通知も発送した。

 イベントは1991年から毎年開催。今年は地元の市伊香保保育所の年長児19人と、県内外の年長児23人の計42人が2日間に分けて出演する予定だった。

 NTT東日本群馬支店は3月5日に高崎市の高崎芸術劇場で予定されていた「第24回NTT東日本群馬支店チャリティ群響スプリングコンサート」の中止を決めた。県教委は8日に前橋市の群馬会館で開く予定だった「ぐんまの近世寺社魅力発掘・発信事業シンポジウム」を中止し、県警も同日に予定した県警察学校(同市)のオープンキャンパス開催を見合わせる。山本一太知事は2日に都内の料理教室で、自らが県産イチゴ「やよいひめ」をPRする予定を取りやめた。

 一方、高崎市で1日に開幕するみさと梅まつり(3月下旬まで)は屋外行事のため予定通り実施し、会場には消毒液を用意するという。草津温泉スキー場は2月29日夜に花火を打ち上げる催しを開くなど、対策を講じた上で開催を予定するイベントも少なくない。

◎ザスパ、18日再開へ準備
 J2ザスパクサツ群馬は第2節甲府戦(1日、山梨中銀スタジアム)、第3節福岡戦(8日、正田醤油スタジアム群馬)、第4節愛媛戦(14日、松山市・ニンジニアスタジアム)の3試合が延期となった。23日の開幕戦では正田醤油スタジアムに観客約1万1000人が集まったが、盛り上がりに水をさされた。

 クラブは第5節琉球戦(18日、正田醤油スタジアム群馬)の開催に向けて準備するとし、代替開催日については決定次第、発表する。

 ザスパの奈良知彦社長は延期について、「世界的にウイルスが感染拡大している中、的確な判断」と理解を示した。代替日が平日となる可能性があり、過密日程も懸念されるが、「条件はどのクラブも一緒。対応するしかない」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事