戦国ゆかりの御城印を販売 みなかみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 群馬県みなかみ町は、戦国時代ゆかりの小川城(月夜野)と猿ケ京城(猿ケ京温泉)の御城印=写真=を販売している。

 小川城は沼田氏が築き、北条氏や真田氏との攻防の舞台になった。猿ケ京城は、上杉謙信が関東に侵攻する前に滞在し、地名と城名を付けたとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事