金融機関職員「だまされたふり」で男逮捕 詐欺未遂容疑で県警
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県警捜査2課と組織犯罪対策課、前橋署は28日までに、詐欺未遂の疑いで、東京都中野区江古田、自称エステ店店長の男(25)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は7~10日ごろ、インターネットを使い、玉村町にある金融機関支店が運営するアプリケーション内の口座開設機能に、偽造した運転免許証のデータを登録するなどして口座開設を申し込み、キャッシュカード1枚を都内のアパートに配達させてだまし取ろうとした疑い。金融機関の職員が「送信されてきた免許証のデータの文字などがおかしい。偽造かもしれない」と同署に相談した。助言を受けて金融機関がだまされたふりをして、実際に封書を送付したところ、木村容疑者が受け取ったため県警が逮捕した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事