警察犬訓練「連携密に」 県警で嘱託書交付式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嘱託書を受け取る訓練士

 民間の警察犬訓練士や犬所有者への嘱託書交付式が6日、群馬県警察本部で開かれ、出席した11人に山本和毅本部長が手渡した。

 嘱託されたのは11月に行われた審査会に合格した嘱託犬15匹の訓練士8人と所有者12人(一部重複)。期間は来年1月から1年間で、行方不明者の捜索や、犯人の追跡などに当たる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事