新駅舎 “岩宿”イメージ 東武桐生線阿左美駅があす供用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14日始発から利用が始まる阿左美駅

 県道桐生伊勢崎線の拡幅に伴い、移設工事が進められている群馬県みどり市の東武桐生線阿左美駅の新駅舎が、14日始発から供用開始する。送迎用のロータリーや駐車場を備えた駅前広場は、今夏をめどに市が整備する。

 東武鉄道によると、新駅舎は現在の駅舎から約300メートル北東に移る。木造平屋建てで、併設する公衆トイレを含め延べ床面積154平方メートル。黒色を基調にした外観は、地元の岩宿遺跡から出土した黒曜石の石器をイメージした。現在の駅舎は閉鎖し、順次解体するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事