館林の「里沼」切手発売 日本遺産記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日本郵便関東支社(さいたま市)は16日、群馬県館林市の「里沼(SATO-NUMA)」の日本遺産認定を記念したオリジナルフレーム切手=写真=の販売を開始した。

 メインフレームには貴重な低地湿原の緑色が印象的な茂林寺沼や、白鳥が飛来した多々良沼、水面につつじが映える城沼を掲載。復元された旧館林城土橋門や茂林寺山門、旧上毛モスリン事務所など構成文化財の写真で里沼を紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事