スクールホームで工作教室 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市は臨時休校中に児童を小学校で預かる「スクールホーム」で、市教委や公民館などによるプログラムを提供している。前橋芳賀小(谷田久校長)では17日、市児童文化センター職員による工作教室が開かれた=写真

 1~3年生の約30人が牛乳パックや輪ゴム、ペットボトルのキャップなどを使って、こまや跳びはねるおもちゃ作りに挑戦。「すごい」「跳んだ」など歓声を上げ、楽しんでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事