春の色 降り注ぐ 館林・茂林寺のシダレザクラが25日まで見頃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 童話「分福茶釜」で知られる群馬県館林市の茂林寺で、境内のシダレザクラが見頃を迎えた。頭上から降り注ぐように咲く淡いピンク色の花が、参拝客の目を楽しませている=写真

 シダレザクラは本堂前に1本あり、高さは約7メートル。開花が例年より1週間ほど早く、25日ごろまで楽しめそうだという。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事