《新型コロナ》肺炎患者の検査を強化 東毛の保健所管内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の群馬県内の発生状況について、県は19日、厚生労働省から派遣された「クラスター(感染者集団)対策班」から、「薄く広く感染が広がっている可能性がある」との指摘を受けたと明らかにした。対策班は大泉町や太田市で感染が散発的に確認されている現状を分析した。助言を受け、県は当面、太田、館林の両保健所管内(太田市、館林市、邑楽郡)で、症状の程度にかかわらず原因不明の肺炎患者を積極的に検査する方針。

 対策班は18日に県内状況を調査した。県はこれまでも感染が疑われる肺炎患者を検査しているが、地域の診療所などに対し、症状が軽いケースでも報告するよう呼び掛けを強化し、感染者の見逃しを防ぎたいとしている。

 県庁で19日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会議後、山本一太知事が記者団に説明した。山本知事は新型コロナウイルス対策の補正予算を編成する方針も示し、具体的な事業や規模を検討しているとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事