貴金属220万円盗難 リサイクルショップ 一連事件と手口類似 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県高崎市緑町のリサイクルショップ「オフハウス高前バイパス高崎緑店」に今月2日未明、何者かが侵入し、中古の指輪を中心に100点以上(販売価格約220万円)を盗み、逃走していたことが7日、関係者への取材で分かった。県警が窃盗事件として行方を追っている。県内では夏以降、ブランドショップやリサイクルショップから貴金属などが盗まれる事件が相次いで発生。一連の事件は犯行の手口に共通点がみられることから、県警が関連を調べるもようだ。

 関係者によると、午前3時半ごろ、3人前後が同店に侵入した。いずれも黒っぽい服装で、店舗南側の自動ドアをバールのようなもので持ち上げたとみられ、自動ドアは割られていなかった。店内は三つのショーケースのガラスが割られていたが、このうち一つから指輪などが盗まれていた。犯行時間は5分足らずだったという。

 盗まれた商品は1万~4万円程度のもので、大半は18金の指輪だった。

 現場は国道17号沿いで、周辺には商業施設や飲食店などが立ち並んでいる。

 県内では先月、高崎と館林、大泉の3市町のブランドショップやリサイクルショップから有名ブランド品や貴金属などが相次いで盗まれている。高崎市では7月に時計販売店が4000万円以上の被害に遭った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事