新型コロナウイルス感染 県内で初の死者 基礎疾患ある高齢男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
臨時記者会見で群馬県内初の死亡事例を明らかにした山本一太知事=22日
新型コロナウイルスに関する群馬県内の問い合わせ先

 新型コロナウイルスの感染拡大で、群馬県は22日、すでに感染が判明していた県内在住の65歳以上の高齢男性について、同ウイルスによる肺炎のため死亡したと発表した。男性には基礎疾患があった。県内での死者は初めて。県は「遺族の意向」として、男性の具体的な年代や居住市町村などを公表していない。

◎現在も4人が重症
 県によると、同日未明に入院先の県内医療機関で死亡した。

 県内では今月7日に初めて感染が確認されて以降、亡くなった男性を含めて22日までに太田市と大泉町で計11人の感染が判明した。このうち7人が60~70代。同日の時点で10人が入院しており、そのうち太田市の女性保育士や大泉町の男性医師ら4人が重症だという。

 これまで県内の感染者に高齢世代が多いことを踏まえ、22日の臨時記者会見で山本一太知事は「高齢者が感染した場合にリスクが高いことは間違いない。感染防止の呼び掛けをしっかりしていきたい」と述べた。

 死亡した男性の情報を限定して公表したことについて、山本知事は「今回のケースで起きたという報告はないが、インターネット上での嫌がらせなども考えると遺族がプライバシーに気を使うという心情は理解できる」と述べた。一方、感染防止や感染した場合のリスクについて注意喚起するために必要だとして、高齢者であることと基礎疾患の有無は明らかにした。

 県内での感染を巡っては、大泉町の診療所でクラスターと呼ばれる感染者集団が発生したとみられ、診療所関連で8人の感染が判明している。厚生労働省のクラスター対策班が調査に入り、19日には「薄く広く感染が広がっている可能性がある」との分析を県に伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事