市内産の木で温かな新園舎 高崎・箕郷第五保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市の箕郷第五保育園の竣工しゅんこう式が23日、同園で開かれた。園の職員ら約30人が出席し、高崎産の木材を使用した温かみのある新園舎の完成を祝った。

 新園舎は木造2階建てで、延べ床面積約1300平方メートル。0~5歳児の各年齢ごとに部屋を設けている=写真。加藤留美園長は「温かい雰囲気で明るい園舎になった。子どもたちもとても喜んでいる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事