季節の花で「笑う埴輪」 藤岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「笑う埴輪」をモチーフにした花の地上絵

 観光客へのPRとして、藤岡市の藤岡歴史館北側の毛野国白石丘陵公園で制作中の花の地上絵が、まもなく完成する。モチーフは埴輪(はにわ)の人気投票「群馬HANI―1グランプリ」で1位に輝いた同市の「笑う埴輪」。マリーゴールドで表現され、公園を鮮やかに彩っている。

 地上絵の大きさは縦26メートル、横33メートル。約7千株のマリーゴールドを使い、周囲には色とりどりのペチュニア約1万7千株を植栽。市民が種をまいた菜の花も見頃を迎えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事