群馬県負担は4500万円 聖火リレー キャンセル料など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東京五輪・パラリンピックの延期に伴って聖火リレーが中止となった影響で、県がリレーのための沿道警備や会場設営を委託した業者へのキャンセル料などの支払いが約4500万円に上ることが3日、分かった。県は昨年度予算で聖火リレー関連の費用を約9000万円計上していた。

 大部分を占めたのがカラーコーンや看板の設置と撤去、警備員のキャンセル費など走路管理に関する費用計約2800万円。次いで、聖火を迎える県主催の行事「セレブレーション」の設営にかかる約900万円が大きかった。各市町村が行う予定だったミニセレブレーションなどの行事の費用は含んでいない。

 他県ではキャンセル費が2億円に上ったケースがあるが、県スポーツ振興課は「もともと予算を抑えつつ、良いリレーにしようとしていた」と説明し、「選定したルートやランナーは生かせるので、実施に向けて、しっかり準備したい」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事