心肺停止男性 高尾山で救助 みどり市職員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市長表彰を受けた千吉良さん

 東京・高尾山で心肺停止状態の男性を救助したとして、みどり市の須藤昭男市長は3日までに、市職員で国民健康保険診療所看護師の千吉良菜摘さん(26)に市長表彰を贈った。千吉良さんには東京消防庁からも感謝状が贈られている。

 高尾山を管轄する八王子消防署などによると、登山道途中の広場で昨年12月15日朝、八王子市内の70代の男性が倒れているのを、非番で登山中だった町田消防署員が発見。家族で登山に来ていた千吉良さんも救助に加わった。

 千吉良さんと署員は交代しながら心臓マッサージをしたり、自動体外式除細動器(AED)を使ったりして応急処置を施した。その後に救急隊が到着、男性は一命を取り留めた。

 千吉良さんは「前職の病院で心臓マッサージは経験していたが、屋外では初めて。現場で連携がうまくいった」と振り返る。一緒に登山していた母、浩美さん(51)は「てきぱき指示を出す娘が頼もしく思えた。誇りに思う」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事