ごみ拾いながら交流 球根や苗の植栽も 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 広瀬川クリーンのつどい(伊勢崎法人会主催)が4日、群馬県伊勢崎市図書館近くの広瀬川遊歩道で開かれ、約50人の市民がごみを拾いながら交流した。

 毎年この時季に行っている。参加者は菜の花などが咲く川沿いを歩き、ペットボトルや空き缶、紙くずなどを集める作業に汗を流した。
 さらなる景観づくりのために今回初めて、遊歩道にスイセンの球根やユリの苗を植えた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事