新型コロナ撲滅へ祈願 石鎚本教宝光山関東石鎚教会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 世界中に感染が広がる新型 コロナウイルスの撲滅を願い、群馬県渋川市の石鎚本教 宝光山関東石鎚教会(冨田直幹教会長)は5日、同所で浄火祭を行った。関係者約30人が早期の鎮静を祈願した。

 祝詞を上げた後、祈願文の書かれた浄火木を火にくべた。参加者は高く燃え上がる炎に、感染予防と終息を祈っていた。冨田教会長は「伊香保温泉の旅館なども影響を受け、厳しい状況だと聞いている。感染防除とウイルス撲滅を心から祈る」と話した。

 愛媛県にある本宮をはじめ、全国の約200施設で同時間帯に祝詞を上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事