群大生の目で市の魅力 桐生市が情報冊子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市に住んだり通ったりする学生に地域の魅力を伝えようと、市は学生の目線で幅広い情報をまとめた冊子を作製した。群馬大社会情報学部の7人が「外からの視点」を意識して取材し、街並みやグルメ、企業などを取り上げている。

 冊子は「若者目線で見た桐生のおすすめ 学生版 きりゅうGlasses(グラッシィズ)」(A5判フルカラー16ページ)=写真。「桐生暮らし」の読みの音と、英単語の「glasses=眼鏡」の発音を掛けたもので、桐生のことがよく見える眼鏡のような役割を果たそうという思いを込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事