《新型コロナ》小中学校の休校広がる 前橋、高崎など、新たに13市町
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染拡大で群馬県内自治体の学校再開を巡る判断が揺れる中、前橋、高崎など13市町が7日、新たに小中学校を休校とすることを決めた。国の緊急事態宣言の対象地域に群馬県は含まれないものの、感染リスクの抑制に徹するとした。6日までに判断したところを合わせ、県と21市町村が休校措置を決定した。

 前橋、高崎のほかに7日に方針を決めたのは、桐生、館林、藤岡、安中、みどり、甘楽、みなかみ、板倉、明和、千代田、邑楽。高崎、安中は8日から、藤岡、甘楽は9日から、それ以外は13日から休校する。再開は桐生とみどりが5月11日で、それ以外は5月7日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事