カッコソウ 出迎え 桐生・みどり 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生、みどりの両市にまたがる鳴神山周辺のみに自生するカッコソウを多くの人に知ってもらおうと、促成栽培された鉢植えが桐生市役所やみどり市役所などで展示されている=写真

 カッコソウは草丈10~20センチ。サクラソウ科の多年草で、赤紫色のかれんな花が特徴の一つ。2012年に「種の保存法」の国内希少野生動植物種に指定された。15年から桐生自然観察の森が、16年からは小平さくら草の会が同法に従い、促成栽培している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事