「新型コロナ終息を」 高崎卸商社街協同組合が例祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商売繁盛などを祈る組合員ら

 群馬県高崎市問屋町に本社や事業所を置く高崎卸商社街協同組合(吉浜達三理事長)は7日、問屋町稲荷で春季例祭を開いた。組合員が商売繁盛のほか、新型コロナウイルス感染症の終息を願った。

 組合員は、神職による祝詞や護摩たきを見守り、自社の商売繁盛だけでなく、世界の平穏が一日も早く訪れるよう祈った。

 吉浜理事長は、外出自粛で窮地に立つ飲食店だけでなく、中国企業と取引があった製造業まで新型コロナの影響が広がっているとして、「何とか無事に過ごせるよう祈っている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事