小学校低学年用に伝統紬のマスク1000枚を寄付 館林青年会議所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足を受けて、群馬県の館林青年会議所(JC)は9日、館林市の伝統的な織物「館林つむぎ」を素材にしたマスクを同市と板倉町、明和町に寄付した。同JCは小学校低学年用のマスク計1000枚を用意、新入生を中心に配布する。

 同日に市役所で行われた贈呈式で、JCの谷田川明弘理事長は「地域にある素材を生かして、マスクの全体数を増やしたかった。子どもたちに楽しく着けてもらい、マスク着用率が少しでも上がれば」とあいさつ。須藤和臣市長は感謝の言葉を述べ、「これからもマスクは必要になってくる。官民連携で手作りマスクを推進していければ」と展望を語った=写真

 マスクの色は緑や紺、ピンクなど計7種類で、邑楽館林地域の企業の協力の下、製造した。JCの会員は仕事終わりに集まり、マスクの包装などを行った。今後は各校に、布マスクの作り方や洗い方などを説明するチラシを配布するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事