手作りマスクで人助け 高崎・ソーイング教室「けやき家」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、洋服作りを教える「ソーイングスクールけやき」(高崎市飯玉町)の生徒たちが、ボランティアでマスク作りに乗り出している=写真

 都内の芸能事務所からの要望をきっかけに、中高年の女性15人ほどが連日、ミシンを使って代わる代わる作業。ポリエステルや麻などを素材に、おしゃれで何度も洗濯できる多層構造の立体型マスクを作製している。1枚858円で、1日40~50枚ほど店頭で販売している。問い合わせはけやき家(電話027-364-0701)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事