テークアウトアプリ 売上手数料ゼロに イートレンド3カ月限定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「群馬の飲食店を応援したい」と話す柴田社長

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて窮地に立つ飲食店を支援しようと、群馬イートレンド(高崎市下之城町、柴田博光社長)は、飲食店のテークアウト注文・決済アプリ「宅飯」で、加盟店が負担する売上手数料をゼロにした。6月末までの3カ月間限定。「補償や低金利融資でなく、飲食店が本当に欲しているであろう売り上げの一助になれば」としている。

 同アプリは、県内飲食店のテークアウトメニューの受発注、決済をアプリ間で完結させるサービス。利用者は持ち帰り対応の店を検索でき、来店後に待たずに商品を受け取れる。一方、店側も電話受注の手間や宣伝費の削減などが見込める。
 加盟対象となるのは前橋、高崎、伊勢崎、太田の各市やその周辺の店。新規加盟を希望する店には、紹介ページ作成費を2万円引きにして、撮影代(税別1万円)のみを請求する。問い合わせは同社(027-341-5823)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事