国道18号沿い「交通安全こけし」清掃や啓発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 春の全国交通安全運動に合わせ、安中市交通対策協議会は14日、同市板鼻の国道18号沿いに設置されている「交通安全こけし」の清掃や啓発活動を行った=写真

 こけしはプロパンガスボンベ10本を再利用して作られており、「ゆっくり走ろう安中宿」が1文字ずつ書かれている。参加者はブラシやぞうきんを使って汚れを落とした。

 きれいになったこけしの前で、安中署員や交通安全協会の会員ら約20人が「交通安全運動実施中」などと書かれたパネルを掲げ、運転手に安全運転を呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事