《#コロナに負けない》中国から「返礼」マスク4000枚 日中友好協会、県社協に寄贈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川原会長(左)にマスク入りの箱を手渡す中村会長

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、群馬県日中友好協会(中村紀雄会長)は14日、中国福建省漳州市から返礼品として届いたマスク4千枚を県社会福祉協議会(川原武男会長)に寄贈した。

 新型コロナの感染が中国で広がった際、同協会が現地にマスクを贈った経緯がある。マスクの箱にはサクラと、?州市の花であるスイセンが描かれていた。

 前橋市の県社会福祉総合センターでの寄贈式で、同協議会の川原会長は「まだまだマスクが行き渡らないところが多い。高齢者施設を中心に、活用していきたい」と感謝した。同協会の中村会長は「困ったときに助け合うのが大切。今後も継続して支援していきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事