マスク4000枚を小中学生に 川場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県川場村の小中学生の使う机の天板加工を引き受けている東洋エンタープライズ(東京都)は15日、同社が中国から取り寄せたマスク4000枚を同村に寄贈した。

 青島祐介代表取締役(写真右)は「大変な時期をみんなで力を合わせて乗り越えていきたい」と話した。外山京太郎村長は「小中学校やこども園に優先的に配り、感染拡大防止に役立てたい」と感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事