代行業の28歳男を逮捕 吉岡の2人死亡ひき逃げ容疑 渋川署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県吉岡町上野田の県道高崎渋川線で15日未明、追突された軽乗用車が炎上し、車内から2人の遺体が見つかった死亡ひき逃げ事件で、群馬県警渋川署は16日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、渋川市渋川、運転代行業の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午前2時10分ごろ、乗用車で県道を北方に走行中、前方を走っていた軽乗用車に追突。乗っていた男女2人を死亡させ、自身の車を置いたまま逃走した疑い。

 同署によると、「事故を起こし、現場から逃げてしまった」などと容疑を認めており、「軽乗用車が炎上したのを見て、怖くなって逃げた」と話しているという。

 男は同日午後7時45分ごろ、友人に付き添われて同署に出頭。頭や腹の痛みを訴えたため前橋市内の医療機関で治療を受け、その後逮捕された。軽傷という。

 男は高崎市で家族と運転代行業を経営。事件当時は帰宅途中だったという。男が運転していた乗用車には同乗者はいなかったとみられる。

 同署は亡くなった2人の身元確認や死因解明を急ぐとともに、事故現場に残されていたブレーキ痕などから男がかなりの速度を出していたとみて、事故原因などについて詳しく調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事