《コロナに負けない!》少人数婚 門出を祝う 高崎のコディーノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染予防のため、家族ら少人数での結婚式が注目されている。結婚式プロデュース業のコディーノ(群馬県高崎市八島町)は、多数のゲストを招く挙式を諦めたカップルに「少人数婚」を提案する。

 人気の高い神社婚は少人数での挙式に向く=写真。社殿内は扉を開放し、参列者の距離を取れる。式後のパーティーも選択制で、問い合わせが増えている。

 同社の記念撮影サービス「フォトウェディング制作所」の利用も伸びる。撮影したカップルの写真をアルバムにするもので、最近は挙式をやむなく断念したカップルの需要もある。

 今月、家族ら計17人の少人数婚で式を挙げた前橋市の石橋潤さん(33)と知絵さん(32)は「中止も考えたが、少人数だったのでかえって互いの家族と絆が強まった」と満足そうだ。

 白本岳史代表(47)は「さまざまなプランを紹介している。結婚式を諦めてほしくない」と願う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事