降車せず買い物いかが 協力隊の岩崎さん 黒保根産品、23日から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドライブスルー八百屋」のちらしを手にPRする岩崎さん

 群馬県桐生市黒保根町で活動する市地域おこし協力隊の岩崎大輔さん(30)が23日、地場産の野菜や花などを車に乗ったまま購入できる「ドライブスルー八百屋」を同市本町で始める。新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となった農産物を抱える生産者を助けるとともに、接触を控えた形で客に安心して買い物してもらえるようにする。

 商品は葉物野菜や卵、山菜、アジサイなどを想定しており、道の駅と同程度の価格にする見込み。出品予定情報は市地域おこし協力隊のホームページ(HP)などで周知していく。事前予約注文も検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事