新型コロナで福祉事業者が風評被害対策を要望 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県玉村町の福祉事業者でつくる「玉村地区地域包括ケアネットワーク会議」(大野雅弘代表)は21日までに、同町と県に新型コロナウイルス感染症対策についての要望書を提出した。介護事業所などへのアンケート結果に基づき、風評被害対策などを求めた

 大野代表が町役場を訪れ、石川真男町長に、(1)正確な情報提供(2)予防物品の優先的な供給(3)風評被害などへの支援(4)感染対応ガイドラインの共有(5)感染者発生事業所への再開支援―を求める要望書を手渡した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事