手作り布マスク300枚を桐生市に寄付 赤十字有功会女性部会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染対策に役立ててもらおうと、桐生市地区赤十字有功会女性部会(桑原文子会長)は21日、手作りした布マスク300枚を同市に寄付した。

 桑原会長=写真中央=と本田和子副会長=同左=が市役所を訪れ、荒木恵司市長にマスク入りの箱を手渡した。桑原会長は「(感染対策として)何か作ろうと思い、自宅にあったタオルなどを活用した」と述べた。荒木市長は「マスクは何枚あっても助かる。寄贈先の方も喜んでくれると思う」と感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事