医療関係者へ「ありがとう!」 藤岡中央高校 校舎にメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症などの対応に追われている医療関係者を励まそうと、群馬県立藤岡中央高(大谷幸一校長)は校舎に「医療スタッフのみなさん ありがとう!」というメッセージを張り出した。同校の目の前に職員用駐車場がある公立藤岡総合病院(塚田義人病院長)では「元気づけられた」「とてもありがたい」と話題になっている。

◎病院内で話題「頑張ろうと思える」
 海外で医療関係者をねぎらう活動が広がっていることを知った同校教職員が作成し、21日に張り出した。紙をつなぎ合わせた約1メートル四方の用紙に1文字ずつ印字し、白衣とマスクを着けた同校のキャラクター「リスパン」とともに、校舎中央部分にある吹き抜けラウンジのガラス窓に掲示している。

 上原功教頭は「コロナウイルスが拡大する中、医療関係者の方はとても大変な思いをされている。身近な存在である公立藤岡総合病院で働く皆さんを少しでも励ませたらと思った」と話している。

 病院事務局は「スタッフが気付き、病院内で話題になっている。心温かいメッセージで、出勤時に見て頑張ろうと思える」と感謝している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事