渋川のNPOシーヤクラブ 児童養護施設に布マスク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらおうと、群馬県渋川市のNPO法人シーヤクラブの池田久子理事長らが23日、市内の児童養護施設、子持山学園(望月栄一施設長)を訪れ、手作りの布マスク100枚を贈った=写真

 同クラブは毎年、入園入学に合わせて手作りの袋類を贈っている。マスク不足を心配し、手芸の得意な会員たちが手分けして取り組んだ。外側は白の布、内側はダブルガーゼを使って子ども用と大人用を作った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事