関越道バス事故8年 遺族代表が追悼 山瀬さん「風化させない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故現場近くの献花台で手を合わせる山瀬巡査長=29日午前4時40分ごろ、藤岡市岡之郷(代表撮影)

 群馬県藤岡市の関越道で乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負った高速ツアーバス事故は29日、発生から8年を迎えた。今年は新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛で、多くの遺族が事故現場直下に設けられた献花台での追悼を断念。事故発生時刻の午前4時40分に合わせ、遺族を代表する形で群馬県警巡査長の山瀬俊貴さん(27)=前橋市=が静かに手を合わせた。

 事故で母の直美さん=当時(44)=を亡くした山瀬さんは、北陸から足を運べず残念がる遺族らの思いも胸に、花や飲み物を供えた。「事故を風化させないように、終息したら他の遺族にも来てほしい」と話す。

 昨年8月に長女が誕生し、大切なものが増えた。県警交通機動隊での任務も変わり、今月から本格的に白バイでの交通違反の取り締まりに当たる。「取り締まりを通じ、(ドライバーに)二度と違反しないという気持ちになってもらいたい。一瞬にして奪われる命の大切さを伝え、事故で苦しむ人を減らしたい」と力を込めた。

 現場近くの観音寺には犠牲者の名前が刻まれた供養塔がある。献花台や供養塔を前に、広瀬雅敏名誉住職(74)と福島昭弘住職(35)が線香を手向けて読経した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事