自作動画で学びサポート 家庭で理科 渋川橘小の根本教諭が配信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小学理科の学習動画を配信する根本教諭。電子黒板の前にビデオカメラを設置して撮影している

 新型コロナウイルスの感染拡大による臨時休校が続く中、小学生の家庭学習をサポートしようと、群馬県の渋川橘小の根本隆正教諭(60)が理科の実験などを収録したオリジナル動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。「理科は教科書だけでは理解しにくく、実験や観察が重要。動画を見て、学びに役立ててほしい」と話している。

 中学の理科教諭が長かった根本教諭は、「教育ユーチューバー」として活動する葉一はいちさん(高崎市)に触発され、昨年5月にユーチューブデビューした。学習内容をかるたにした独自の「理科るた」を活用し、中学生向けの学習動画を約300本配信してきた。

 ユーチューブの「日本で一番ユーモラスな理科の先生」チャンネルで、中学生向けの動画も含めて視聴できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事