児童がアマビエ塗り絵 新型コロナ終息願う 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の終息を願い、玉村町の「中央児童館 放課後児童クラブ」を利用する子どもたちが7日、同館で、人々を疫病から救うとされる妖怪「アマビエ」の絵に思い思いの色を塗った=写真

 塗り絵は、同町上陽地区の地域住民でつくる「地域支え合いネットワーク会議 上陽元気村」が作成。町内の放課後児童クラブ7カ所に計550枚を配布した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事