《新型コロナ》群馬DC用の団体専用列車 全て運休に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、JR東日本高崎支社は11日、6月28日に運行予定だった団体専用列車「SLぐんま横断号」(横川発桐生行き)を運休すると発表した。

 横断号は4~6月の大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」のフィナーレを飾る列車だった。同支社がDC用に計画した団体専用列車(8本)は全て運休となった。販売された横断号の切符は個別に払い戻しに応じる。

◎県内、検査全て陰性

 新型コロナウイルス感染症のPCR検査で、県と前橋、高崎両市は11日、県衛生環境研究所などで行った10件について、いずれも陰性だったと明らかにした。新たな感染確認がなかったのは5日連続。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事