青着て医療従事者に感謝 渋川市職員が「看護の日」で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「看護の日」の12日、群馬県渋川市は、医療に従事する人たちへの感謝の気持ちを示して職員が青色の物を身に着けて業務に当たる「#Blue」キャンペーンを実施した。

 青や紺、水色のワイシャツやブラウス、スカートを着用する職員が目立ったほか、マスクを青で統一した部署もあった=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事