クラスター発生施設の健康観察終了 群馬県内全6カ所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 入居者ら6人の新型コロナウイルス感染が確認された群馬県高崎市の有料老人ホームについて、県と高崎市は13日までに濃厚接触者の健康観察を終えた。これまで県内で発生したクラスター(感染者集団)6カ所全てで健康観察が完了した。

新型コロナウイルス関連情報はこちら

 6カ所は介護施設や企業など。県内の感染者累計147人に対し、クラスター関連は7割の103人を占める。伊勢崎市の有料老人ホームでは入居者ら67人が感染し、16人が死亡した。

 一方、県と前橋、高崎両市は13日に県衛生環境研究所などで行った37件のPCR検査について、いずれも陰性だったと明らかにした。7日連続で、新規の感染確認がなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事