PCRセンターと発熱外来の手順確認 沼田利根医師会 18日開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
防護服を身に着けて診察の手順を確認する医師
 

 群馬県の利根沼田地域の「発熱外来兼地域外来・検査センター」の18日の運用開始に向け、運営する沼田利根医師会(藤塚勲会長)の医師や看護師、保健師ら計約40人が17日、問診や検査の手順を確認した。

 発熱外来とPCR検査を組み合わせたのが特徴で、ドライブスルー方式で医師が診察する。同センターは、かかりつけ医の電話による予約が必要。月、水、金曜(祝日は休診)の午後1時半~3時半に、同医師会の医師14人が交代で診察する。

◎群馬県内 11日連続感染確認なし
 群馬県と前橋市は17日、県衛生環境研究所などで同日行った新型コロナウイルスのPCR検査17件について、いずれも陰性だったと明らかにした。新たな感染確認がないのは11日連続。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事