出会った邑楽町に感謝込め30万円 70代で結婚の加藤さん夫妻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金子町長(左)から感謝状を送られた加藤さん夫妻

 群馬県邑楽町が委託する高齢者を対象とした交流の場「よってぃがっせ」で知り合い、昨年結婚した栃木県足利市の加藤喜一さん(78)、ミヨさん(80)夫妻が22日、町に30万円を寄付した。町役場で金子正一町長から感謝状を贈られた2人は、「感謝を込めて寄付した。高齢者福祉に役立ててほしい」と願った。

◎「前を向いて生きていきたい」
 加藤さん夫妻はともに伴侶をがんで亡くしていた。7年ほど前によってぃがっせで知り合い、ひかれ合ったという。旅行に出掛けたり、互いの家を行き来したりするようになり、昨年夏に入籍。同町に長年住んでいたミヨさんは足利市に移った。

 喜一さんは「言葉遣いが丁寧で料理が上手」と新妻を褒め、ミヨさんも「私の話を聞いてくれるし、頼りになる」とのろけた。金子町長は「町の委託事業から素晴らしい縁が生まれた。寄付金は大切に使わせてもらう」と喜んだ。

 新型コロナウイルス感染症の影響で趣味の海外旅行はお預けとなっているが、先日10年用のパスポートを取得。「過去を振り返らず、前を向いて生きていきたい」と2人はともに笑顔で語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事