《新型コロナ》高崎の30代男性が陽性 県内感染者 累計149人に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 新型コロナウイルスのPCR検査で、群馬県高崎市は22日、新たに同市の30代の男性会社員の陽性を確認したと発表した。男性は同市から神奈川県の職場まで新幹線と在来線で通勤していた。市内での濃厚接触者はいない。県内での感染確認は累計149人(うち19人死亡)となった。

 同市によると、男性は14日にせきやのどの痛みなどの症状があり、16日以降は仕事を休んでいた。21日に市内の医療機関を受診して検体を採取、22日のPCR検査で陽性が判明し、入院した。容体は安定している。感染経路は分かっていない。

 男性は1人暮らしで、16日以降は医療機関の受診と近くのコンビニエンスストアの利用以外は外出していないという。男性の職場では、同僚で体調不良の人は確認されていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事