ひき逃げ 68歳女性が死亡 高崎の市道 高崎署が捜査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車両の破片などを採取する捜査員=23日午前9時20分ごろ、高崎市東貝沢町(画像を一部加工しています)

 高崎市東貝沢町の市道で22日夜、近くの食品小売業の女性(68)が車にはねられた。女性は市内の病院に搬送されたが、肺挫傷や肋骨骨折による出血性ショックで、同日午後10時ごろ死亡が確認された。女性をはねた車は逃走。群馬県警高崎署が死亡ひき逃げ事件として捜査している。

 同署によると、同日午後7時45分ごろ、車で通り掛かった男性が「人が倒れている」と110番通報。女性は車道にはみ出し、歩道側を向いた状態で倒れており、着衣にタイヤ跡のようなものが残っていたという。女性の夫は取材に「近くに住む娘の家に歩いて向かう途中だった」と説明。女性が手作りしていた店のキムチを手にすると、「これは妻の味だから…」と言葉を詰まらせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事