「マスクご寄付」と10万円 老人ホームに匿名で郵送 富岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
富岡市の老人ホーム「ほたるの里」に届いた匿名の寄付

 「マスクご寄付」のメッセージが添えられた寄付金10万円が今月中旬、群馬県富岡市宇田の老人ホーム「ほたるの里」に匿名で届いた。同ホームはメッセージの意味をくみ取り、寄付金を新型コロナウイルスの感染を防ぐため、使い捨てマスクの購入に充てる。

 同ホームによると、寄付金が郵送されてきたのは15日午後。茶封筒を開けると、中にメッセージが書かれた紙と現金が入っていたという。管理者の真砂好江さん(63)は「メッセージから、マスク購入に充ててという意味だと推測している」と話す。同日、藤岡市の別の老人ホームにも匿名の寄付金3万円がメッセージとともに届いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事