藤岡市の小中学校 教室ドアノブに銅繊維シート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
教室のドアノブに設置された銅繊維シート=藤岡鬼石中

 1日からの小中学校再開に向け、群馬県藤岡市は30日までに、群馬大発ベンチャー企業が販売する抗菌・抗ウイルス効果が期待される銅繊維シートを、各校の教室やトイレのドアノブなどに設置すると発表した。

 シートは、同大大学院の板橋英之教授らが開発。銅繊維の表面に光触媒を取り入れ、殺菌効果などが期待できるという。市内の全小中学校や保育所、介護施設などにシートを配布。各施設が不特定多数の人が触れるドアノブを中心に設置する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事