予約でPCR検体採取 渋川地区医師会がセンター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
検体採取の手順を確認する医師

 新型コロナウイルスを巡り、渋川地区医師会(川島理会長)は1日、県の委託を受けて渋川地区地域外来・検査センターを開設した。同地区発熱スクリーニング外来と医療機関からの紹介による完全予約制で、PCR検査の検体を採取する。

 建物に立ち入らずに受けられる「ウオークスルー」方式で、採取ブースの仕切り板に換気機能を持たせ、医療者の感染リスクを低減している。場所は公表しない。初日の採取件数はゼロだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事